久しぶりのビールの勢いで、11時前には寝てしまいました。
深夜2時ごろ一度目が覚めましたがもう一度眠りに落ち目覚めたのは5時ごろ。
枕に頭を預けるとエンジンの音が低く聞こえてきますが、寝られないほどではありませんでした。波も穏やかで揺れもなく、ゆっくり休むことができました。

IMG_20171104_092745
6時ごろデッキへ出てアンパンで朝食です。
下船予定は13時半なので、これからが長い・・・・ww

IMG_20171104_110536
海を眺めたり、

IMG_20171104_110527
自販機を眺めたりして過ごします。自販機の食事はほぼ冷凍食品で、400円前後です。

自販機にはA、B、Cの名前が付いていて、Aの自販機で買った商品はAの電子レンジに持っていくと、どのボタンで解凍加熱ができるか、すぐわかります。

前日のフェリーに自動車の積み込み遅れで出航が一時間遅れました。航海中、走行調整(ナンダソリャ)で一時間遅れ。
計二時間遅れて、15時半に徳島へ接岸します、とのアナウンス。これでは徳島でのランチは無理と急遽ラーメンを購入。

IMG_20171104_130546


15時20分、無事(でもないか)に徳島に上陸。ここから四万十のホテルまで、休憩込みで三時間半以上。
徳島ICより徳島自動車道に乗り、川之江東JCTを目指します。
池田町あたりで薄暗くなってきて寒くて寒くて、ダウンを着込みました。
川之江東JCTから高知自動車道にはいりひたすら南下します。
高知県に入ったころにはもう真っ暗。
寒くて、暗くて、景色も見えず、苦行のようなツーリングになってます。
四万十中央ICで高速道路が終わり、国道に出てすぐに給油。
まだこの先50キロ程度あります。しかも真っ暗で曲がりくねった半山道。街灯もあまりないので、自動車が来たら先行させて、そのあとを走ります。
気が付くと左手に海があったりするのですが、暗闇の海沿いの道なんて、全然楽しくありません。

ホテルの到着は19時半。寒くて、暗くて、辛くて、駆っとんでいたので写真はありません。到着の遅れは、事前に電話連絡しておきました。空いているので、とツインのお部屋に案内されました(当然シングル料金)

ホテルの温泉でサウナまで入って温まり、フロントで教えてもらった近くのお店で夕食にありついたのは九時過ぎでした。

image
カツオの塩たたき。
味付けがアッサリしていて、カツオの味がクッキリしていておいしかった。

image
アオサノリの天ぷら。
ものすごい香りです。

私と同じ年の常連さんのバイク事故の話。
私より10歳ほど年上の大将が埼玉に下宿していた時の話。
四万十のお酒「おりがらみ」を飲みながら楽しい時間を過ごすと、暗い中を突っ走った疲れも抜けていきました。

走行距離:280キロ
ホテル:新ロイヤルホテル四万十

厨房わかまつ

関連ランキング:郷土料理(その他) | 中村駅